Categories
お庭のお手入れ方法

目隠しとしての植栽について

こんにちは。
Trees Gardenです。

いつもご覧いただき、ありがとうござます。

寒いですね。
お風邪などひかぬよう、体調管理には留意したいものです。

久々のブログ更新です。

今回のテーマは、目隠しとしての植栽について。

Trees Gardenでも、お受けすることの多い植栽。
※実際の施工例はこちら

お庭をお持ちの方で、悩んでいる方も多いとお察しします。
そこで今回は、

「目隠しとしては、常緑樹の中で何がおすすめ?」

「植栽をしたはいいけれど、水やりのタイミングは?」

「植栽の時期はいつが適切?」

これらの疑問にお答えしつつ、目隠しとしての植栽について、詳しく解説していきます。


目隠しとして最適な常緑樹は?

庭に目隠しとして植える常緑樹を選ぶ際には、以下の4つのポイントを考慮すると良いでしょう。

  1. 成長の速さ:早い方が、機能を果たせるスピードが早くなります。
  2. サイズ:庭のスペースに合わせて、成長した時の大きさを考慮します。サイズの幅に応用の効く木を選ぶと良いでしょう。
  3. メンテナンス:剪定の頻度や手間を考慮し、管理が容易。
  4. 耐寒性・耐暑性:悪天候にも強い。(日本における台風や、夏場の蒸し暑さ等)

まずは、以上のポイントを前提としておさえた上で、おすすめの常緑樹を順番に紹介していきます。

ヒバ(ヒノキ科):日本原産で、耐寒性があり、美しい緑色の葉を年間を通して保ちます。成長も早くサイズもお庭に合わせて選びやすいので最もおすすめです。
価格は良質なものから低価格なものまで、品質に応じて選べます。


ソヨゴ:半陰地でも育つことができるため、日当たりがそれほど良くない場所でも植えることが可能なソヨゴ。日陰でも活躍でき、場所を選ばない点が利点です。
かわいらしい見た目も人気で、植栽のニーズが高まっています。


イヌマキ:病害虫に強く、剪定にも比較的強いため、形を整えやすいです。
好きな形に剪定して、幅広い場所でニーズを満たすことが期待できます。
なお、イヌマキの大きな特徴として、葉同士の密度の濃さが挙げられます。
密度が濃いことにより、よりプライバシーを守りたい場面には特に活躍するでしょう。生垣にもおすすめ。


アオダモ:見た目もスッキリしており、特徴的な見た目なのでシンボルツリーとしても活躍するでしょう。スタイリッシュな見た目から、若い人にも人気。
ただしデメリットとしては、葉同士の密度がそこまで濃くはないので、目隠しとしての機能としては上記の3つよりは劣るといえます。ちなみに、少しお値段は高めです。目隠し全般的に使用可能。

サザンカ(山茶花):一年中葉を落とさず、機能をキープできる点で優れています。
比較的手入れも容易で、害虫にも強く、コスパも良いので、多くの場面で活躍できるでしょう。
ただし、根っこが広がる傾向があるため、比較的スペースが必要になりますので、その点は注意しておいた方が無難です。生垣にもぜひ。


カイヅカイブキ:今の時代は少なくなりましたが、成長が早く手入れが容易な点で優れているので挙げておきます。渋い雰囲気をお庭に保っておきたい方には良いと思います。
ただし、独特な花粉も持っているため、アレルギーがある方は予めよく考えておいた方が良いでしょう。こちらも生垣にも最適。

植栽した常緑樹の水やりのタイミング

おすすめの常緑樹を選んだあとは、水やりのタイミングについてです。

結論、水やりは土が乾燥したら、で良いと思います。

鉢植えなら別ですが、地植えの場合は、土が乾燥してからで十分です。

なぜなら、水のあげ過ぎが、木々を弱らせてしまうからです。(根腐れ防止)

目隠しとしては地植えの方が大半だと思いますので、土の乾燥具合を見るようにしましょう。

ちなみに、水をあげるなら、日中が理想的です。(暑い時期は特にです)

加えて、寒い時期は冷たい水をあげすぎないよう、注意しましょう。
(寒い時期に冷たい水をあげると、植物が弱ってしまうため)

植栽の時期はいつが最適なのか?

結論、基本は春(3月から4月)が最適です。

なぜなら、春植えは、植物が成長期に入る前に根付くことを可能にするからです。

ご自身の環境、状況に合わせ、春に植栽を検討しましょう。

以上が、目隠しとしての常緑樹についてのTress Gardenの考察です。

基本的な知識を押さえた上で、最適なガーデン・ライフを楽しみたいものですね。

業者選びにお悩みでしたら、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

ぜひ、ご自宅のお庭のお手入れ、目隠し、生垣の参考にしてみてください。

ご一読、ありがとうございました。